地球のどこかの青い空の下

旅と写真 Travel and Photos

台北の青い空の下(4)  天気と電車ICパス悠遊カードと両替

f:id:dokosola:20190327111224j:plain

いつ行く?

今回は12月に行きましたが、台北の12月は雨が多めです。

 

台北の12月の平均気温は日本より約9℃ぐらい高い、18℃なので暖かいです。

 

厚着しなくていいのは旅行者には助かりますが、日程の4日間の半分の二日間は小雨が降ったり止んだりしていたので、傘を持つのが面倒でした。

 

台湾のベストシーズンは 3月~5月 

新緑が美しくフルーツが旬 10月~11月 

 

暑さも落ちいて天気も安定 のようですので、 合わせられる方は是非この時期にどうぞ。

私も次回は春を狙います。

 

 

温度と言えばエアコンに要注意!

f:id:dokosola:20190327111246j:plain

12月と言えば日本では冬。

暖房もそろそろ稼働させる時期でしょう。

 

台湾の12月は平均18℃なので、そのままでもかなり過ごしやすい時期ですが、エアコンがよーく効いています。

 

それが、なぜか、冷房。

12月なのに。

バス、レストラン、よーく冷えています。

 

屋外に出ると暖かくてホッとするという、なんとも奇妙な逆転現象。

 

ホテルも例外ではなく、部屋に入ったら寒いのでエアコンを暖房に切り替えましたが一向に暖かくなりません。

 

暖房に設定しても出てくるのは冷たい風で、どんどん部屋が冷えるので結局、電源をオフにしました。

 

寝る時は毛布を掛けましたが薄いので、フリースを着て寝ました。

 

冷えすぎ、ご注意ください。

 

 

台北の交通 台北の交通手段

f:id:dokosola:20190327111236j:plain

・台湾鐡路(台鐡)

・MRT(台湾捷運)Mass Rapid Transit

・バス

・空港リムジンバス

・タクシー

・レンタルサイクル

今回利用したのは上から4つ。

 

 

台湾鐡路(台鐡)

日本のJRに当たる台湾の鉄道で、台湾全土を一周できます。

MRTと共通のICカードが使用できて時刻表はWEBで確認できます。

今回は、猫村に行くときに利用しました。

 

 

MRT(台湾捷運) Mass Rapid Transit

台湾メトロとも呼ばれますが郊外では地上を走ります。

空港から台北市内へ行く時や、市内観光で一番利用します。

 

路線ごとに色分けされていて、駅構内は案内が色の名前になっていてわかり易い!

路線図は、地球の歩き方 台北版に載っていますが、駅の改札でももらえます。

 

オレンジ色 → O(OrangeのOオー)

茶色 → BR (Brown )など

 

 

バス

今回は、台湾旅行と言えば誰でも行ってみたいであうろ「千と千尋の神隠し」の参考にされたといわれる九份へ行く時に利用しました。

同じく共通のICカードを使用できます。

 

空港リムジンバス

今回は帰りに空港に行く時に使用しました。

乗り場へ行くとバスのチケットを売っている人がいるのでその方から購入。

乗り場にはいろいろなバスが来ますが、チケット売りの人が乗るべきバスを教えてくれます。

 

渋滞があるので空港へ行く際は、朝や夕方は避けた方が無難。

 

 

台北のICパス  悠遊卡 ユウユウカー (EasyCard)

 

台北の出国審査を出たところに、ブースがありカウンターの上にカラフルなデザインの「特製版」と書かれた「悠遊卡」が売っていたので即購入。

日本人は「限定版」に弱い。

 

このカードは400円ぐらいでカード自体の払い戻しはないようです。

日本と同様MRTの切符の自動販売機でチャージできます。

 

驚いたのはバスに乗っていた時。

バスでも悠遊卡は使用できますが、降りる時にチャージ残金が足りませんでした。

慌てて現金で払おうとしましたが「いいから行きなさい」というようなジェスチャーをされてしまいました。

 

「足りなくてもOK?」

 

そこまでおおらかな国民なのかと驚きましたが、その後MRTでチャージすると先ほど足りない分が差し引かれてチャージされました!

なんと、驚きのシステム。

なるほどー。と感心しました。

 

足りなくてそのままチャージしない人もいるでしょうから、400円でカードを購入するのはその費用も込みなのでしょう。

 

 

台湾の通貨はNTドル(ニュー台湾ドル)略記は元

f:id:dokosola:20190327111228j:plain

2017年12月は、1元=4円 ぐらい。

台湾空港のイミグレーション前がレートが良いようで、ここで両替します。

 

観光客の多いある程度の規模のお店はカードが使えるので、現金が足りなくなったらレストランやお土産はカードで支払うと良いでしょう。

 

ただ、ローカルな食堂や夜市ではカードは使用できません。

 

台湾二人旅つづく。