地球のどこかの青い空の下

海外女ひとり旅

台湾の青い空の下(12) 饒河街夜市と慈祐宮

f:id:dokosola:20190408095753j:plain

台北到着 饒河街夜市に繰り出そう!

ランキング形式で紹介していたので話が前後しますが、初日に行った夜市です。

 

台北に到着したのは午後でしたのでその日は夜市にいきました。

 

夜市の中では2番目に大きい「饒河街夜市」。

MRT「松山駅」と並行している隣の1本道が夜市になっています。

 

 

黒糖魔力

f:id:dokosola:20190408094322j:plain

 

饅頭、伝統菓子、健康茶、フルーツジュース、カスタードケーキと並ぶ中で一際怪しいのが 「黒糖魔力」 と書かれた何やら鍋で煮詰めてられている黒い液体です。

 

看板をみると黒砂糖とショウガなどを煮込んで売っているようです。

 

味は想像できるけど初日だったので手を出すのは止めておきました。

 

恐ろしく体に良さそうではありますが・・・。

 

胡椒餅

f:id:dokosola:20190408094333j:plain

 

友人が「まんじゅう」「まんじゅう」と連呼するので先にお目当ての「饅頭」を探します。

 

先に行かないと辿りつくまでに誘惑に負けてお腹がいっぱいになる危険があります。

 

お目当ては「胡椒餅」 夜市の入り口付近にありました。

この夜市の名物的な饅頭なのかすでに地元の人がヘアピン行列していますが、待ち時間は5分程です。

 

お味は外側が固めの皮で中は肉汁がたっぷりの肉まんといった感じで熱々で美味しいです。

 

この後に近くのお店で売っていたイカリングがとても美味しそうだったので、それも食べたら見事に胃もたれで撃沈しました。

 

もう何も食べたくない。

 

けど、悔しいのでがんばってスィーツを食べることにしました。

 

 

伝統菓子

f:id:dokosola:20190408094325j:plain

 

いままで見た事のないお菓子 お兄さんが慣れた手つきで目の前で作ってくれる台湾伝統スィーツがありました。

 

木でできた細長いカップに材料を入れて1つ1つその場で蒸すのですが、2,3分ですぐ出来上がります。

 

台湾人らしきステキ女子も購入しているのを見て、思わず私も購入しました。

 

味が数種類あり抹茶を選び、2個購入して友人と分けました。

暖かく柔らかいお餅みたいな食感で甘さ控えめでとても美味しかったです。

 

あとは友人が購入してきたミニカップケーキを食べました。こちらの味は想像どおりで美味しいです。

 

屋台での油摂取は計画的に。

 

屋台のフルーツジュースは美味しそうだけど衛生的に危険なので控えます。

 

24時間営業? 慈祐宮

f:id:dokosola:20190408094329j:plain

 

「饒河街夜市」の良いところは入口付近に「慈祐宮」があり一緒に観光できる所で、夜になっても参拝客が絶えません。

 

ド派手は外観は夜市の看板に負けることなく、融合しています。

 

近くに行ってよく観察すると、垂れ幕の膨らんだ刺繍がとても細かく、建物の彫刻なども凝っています。全体的にとても丁寧に作られていて感心します。

 

そもそもこの廟があり、その門前町として発達したのが「饒河街夜市」というのも納得です。

 

台湾二人旅つづく。

f:id:dokosola:20190408095835j:plain