地球のどこかの青い空の下

海外女ひとり旅

成田からドーハへ ハマド空港での過ごし方

f:id:dokosola:20190211022020j:plain

成田空港へ

ぼちぼち空港に行きますか

 

 

出発の1週間ぐらい前から、イスタンブール旅行への期待と不安の混ざった軽い興奮状態になります。

遠足前の子供状態です。

 

出発当日はすでに少し興奮疲れしているところに、仕事と荷造りの疲れが加わって「家で寝ている方が楽」なんて思ったりしつつも家を出ます。

 

フライトは夜の11時30分発なので、スーツケースを転がして普通の電車を乗り継いでのんびり成田空港に向かいます。

 

「やっとバケーション」

 

成田空港はいつ来てもいい。

空港の雰囲気は大好きです。

 

移動中は血行不良にならないように少し余裕のあるパンツを穿くようにしています。

チェックインカウンターに並んでいるとユニクロのスウェットを普通に穿いて、寝る気満々の女性がいました。

 

「そういう手もあったか」

 

久しぶりの一人旅なので、WEBチェックインを知らなくて隣のWEBチェックインカウンターの人たちを羨ましく思いましたが、WEBチェックイン用のカウンターはひとつなのでそれ程早く対応してもらえないようです。

 

長時間フライトになるのでぬかりなく寝る準備をします。

少しお菓子を食べて歯を磨いて顔を洗って充分保湿した後はマスクを着用しておきます。

 

マスクを日常的に使用していても気にならなくなったのはいつ頃からでしょうか。

マスクは顔隠しや保湿にとても便利ですよね。

 

飛行機では幸い通路側のシートが取れたので映画と睡眠の合間に、まめにトイレにいったり、飛行機のドアの横の空間でこっそりストレッチしたり、トイレを待っているフリをして立っていたりして体を動かします。

 

長時間じっとしているのは苦手なのでなんとかいろんな方法で紛らわせつつ過ごします。

 

 

f:id:dokosola:20190211022024j:plain

ハマド空港 1時間目

ドーハ空港で7時間なにしよう

 

ドーハ空港についたのは、現地時間の朝2時頃。

これから7時間ぐらいここで過ごすことになります。

 

待ち時間が長いので「特別にラウンジを使わせてもらえないかな」と思いラウンジの受付に行ってみることにしました。

 

ゴージャスな受付の美しい受付嬢にチケットを見せると怪訝そうな顔で「下のカウンターで聞いてください」と言わます。

 

下のカウンターに行くと「あっちにカタール航空のブースがあるのでそこで聞いてください」と言われます。

 

あちこちたらい回しにされて、最終的にチケットカウンターのようなところで聞いて「追加料金が必要です」と言われました。

 

エコノミーのチケットではやはり厳しいか。

わかってはいたけどね。

何事も挑戦が大事。

 

ドーハの職員たちと無理やり交流?して1時間弱費やせました。

 

 

f:id:dokosola:20190211104641j:plain

ハマド空港 2時間目

ドーハ空港ロビーの中心には巨大な黄色のクマのオブジェがあります

 

ビニール素材でうつむいてグッタリしている様子はかなり不気味で、同じ黄色いクマでもプーさんとここまで違うのかと驚かされます。

 

コピーは禁物だけどもう少しプーさんに寄せて作るのは許されるでしょう。

だって、不気味すぎるもの。

 

このクマのせいでピカピカの空港が見事に「異様な雰囲気」に仕上がっています。

意図的に異様にしたかったのなら大成功ですが、大抵の空港が持つ独特の「良い雰囲気」は半減していて、もったいないと思いました。

 

不気味な黄色いクマを中心にゲート用のスペースが放射線状に伸びています。

 

長時間のフライトで体が固まっているので、ウォーキングがてら空港内を探索することにしました。

 

各エリアの先端まで歩いては引き返してきて、また不気味なクマを拝みます。

運動目的なのでムービングベルトには乗らずに、ゆっくり歩きならが施設も確認します。

 

 

f:id:dokosola:20190211022031j:plain

ハマド空港 3時間目~

とにかく新しくて広い

 

休憩スペースが至る所に有り、その他にパソコンコーナー、キッズスペース、託児所などもありました。

 

夜中のせいか人が少なくて、うろついているのは警備員と私だけというというエリアも少なくありません。

 

警備員にもいろいろな人がいます。

 

歩いている私をみて無線で仲間に何かを言ってニヤニヤする人。

私と目が合った後にすぐそらして、なぜか飛行機のゲートインタイムが表示されている電光掲示板を凝視し始める人。

 

共通点は私も彼らも暇だという事。

 

各エリアの先端まで行ってはUターンして戻ってきて、すべてのエリアの調査が終了するまでに1時間弱かかりました。

 

ちょっと休憩 ウォーキングの後はシャワーを浴びたい所ですが、あいにくラウンジは使えないのでトイレに行くことにしました。

 

全体的にメタリックなインテリアの空港ですが、トイレもまた広くてメタリック。

20個近くある個室は約2.5m×2.5mの正方形です。

 

清掃員の女性と私だけのがらんとしたトイレの洗面台の前で、歯磨き、洗顔、軽いメイクなどをします。

 

清掃員の女性は特に嫌な顔もせず、かといって、にこやかなでもなく、ただゆったりと拭き掃除などをしています。

 

私に興味がないフリをしつつも、私が次に何を始めるのかチラチラ見てきます。

 

なんだか清掃員の女性に親近感が湧きそうになった時、イスラムの黒い服を来た女性が数人入ってきました。

 

がやがやと話しながら、洗面台に足を上げて洗い出しました。

洗面台が高くてかなりきつい体勢です。

 

砂漠地帯だから足が汚れやすいのか、同じ光景をこのあと数回目撃しました。

広いスペースがあるので、足洗い場も作れば更に便利でしょう。

 

顔を洗ってさっぱりしたので、先程のウォーキングで見つけた白いカウチが並んでいる場所で少し休みます。

高いパーテーションに囲まれていてリラックスできそうです。

 

ガイドブックを読んでいたら少し眠くなったので、肩掛けバッグを掛けたままジャケットをかぶり少し眠りました。

 

ウォーキングで健康的に疲れていたのですぐ眠れました。

 

 

2019年2月:ハマド空港で無料観光サービスが始まっているようです!

tabijozu.com

 

 

イスタンブール1人旅つづく。

f:id:dokosola:20190211022034j:plain