地球のどこかの青い空の下

旅と写真 Travel and Photos

イスタンブールの青い空の下(16) ベヤズットとスィルケジ 2つのバザールとハマム その2

f:id:dokosola:20190319092607j:plain

幻想的なまでにカラフルなバザールは、まさにエキゾチックワールド!

中東最大の市場「グランバザール」では時間をたっぷり確保したい。

 

前回は「スィルケジ」エリア見所を紹介しました。

旧市街中心から北西「スィルケジ」エリア見所

・エジプシャンバザール

・ガラタ橋

・イェニ・ジャーミィ

・リュステム・パシャ・ジャーミィー

 

www.dokosola.com

 

 

今回は、メイン観光地から西側のエリアを紹介します。

西側「ベヤズット地区」の見どころ

・グランバザール

・ハン(昔の隊商宿、グランバザール内)

・ハマム(お風呂)

・ヴァレンス水道橋

その他モスク(既に沢山見たので詳細は割愛)

 

 

グランバザール

f:id:dokosola:20190319092242j:plain

「屋根付き市場」という意味を持つ

中東最大の室内市場

 

迷路のような市場に入ると貴金属、シルク、絨毯、布製品などのお店が並びます。

とにかく小さいお店がひしめき、通路も四方八方に伸びているので、歩くとクラクラしますが負けずにお気に入りを見つけましょう。

 

時間を多めに確保してゆっくり見てまわりたいですね。

 

ランプ屋さんはとてもカラフルで綺麗です。

あまりに綺麗なので写真を撮っていたらファインダー越しに撮影禁止マークが。

さんざん撮影ばかりされてうんざりしたのでしょうね。

でも、誰もが迷わずカメラを向けてしまう程綺麗なのです。

 

バザール内の人々はとても明るくてムービーを撮っていると手を振ってくれたりします。

 

お手洗いは有料なのでコインを用意しておきましょう。

 

 

ハン(昔の隊商宿、グランバザール内)

f:id:dokosola:20190319092431j:plain

交易を担った昔の隊商宿ハンは、ホテルや倉庫、店舗などの役割をしていた

現在は宝石店などになっている

 

青空が見える中庭があるハンはグランバザール内に5、6か所あります。

密集度の高いバザールでぐったりしたら、ハンで一休みするといいでしょう。

お手洗いやベンチがあるハンもあり、猫がいて癒されたりもします。

人間用と猫用の水飲み場がありますよ。

ハンを見てまわるのも楽しいです。

 

 

ハマム(お風呂)

f:id:dokosola:20190319092208j:plain

神学校と同じく、ミマール・スイナンの建築 蒸し風呂式共同浴場

 

トラムヴァイ(路面電車)のチェンベルリタッシュ駅の前の角にあるのですが、入口が小さくてとてもわかりにくいです。

 

青い文字の看板を探しましょう。

 

あかすりのみ、あかすりとシャンプーなどコースがあるので選んで入口で支払いを先に済ませます。

価格は忘れてしまったのですが、観光客価格。

お高めでした。

 

真ん中に大きい岩盤があり、タオルを敷いてその上に生まれたままの姿でしばらく横たわります。

体が温まったらスタッフが来て、コースに応じてあかすりなどをしてくれます。

周りはヨーロッパのナイスボディ観光客が多いです。

 

ヨーロッパ人の横に体を投げ出す勇気のある人は行くといいでしょう。

歴史のある建物なので内側は興味深いです。

 

 

 

ヴァレンス水道橋

378年完成の水道橋

 

空港からのシャトルバスが水道橋の下を通りましたので車窓から見ることができました。それで充分満足。

一瞬の出来事でしたので写真はありません。

 

シャトルバスを使う人は見逃さないで!

夜でもすぐにわかります。

 

 

次回は新市街。

イスタンブール一人旅つづく。

f:id:dokosola:20190319092332j:plain